【ルヴァン種から仕込む、パン・メランジェ】

2012.10.03 (Wed)

今日のパンは、ドライイーストで。
本に「パン・メランジェ」という名前で載っていました。
メランジェって?? → フランス語で「混ぜる」の意味だとか。

いろんなフルーツが混ぜっているからってことなのでしょうか?


2989.jpg


前日に、ライと水と微量イーストで、”ルヴァン種”を作っておきます。
翌日、粉、塩、水、フルーツ、ナッツなどの残りの材料を混ぜて発酵させて焼きます。

ライが30%位入っていて、さらにフルーツもたっくさん配合されているのに
生地がいつもよりふんわりした感じになったのは、やはり前日に仕込んだ種のおかげでしょう。


2987.jpg


ちょっと焼きが甘かったかな・・・?
こういうパンは薄くスライスして、チーズと一緒に食べたら美味しいだろうから
外側はがっつりと焼きこむほうが香ばしくて美味しそう。


2988.jpg


ですが私は、焼き立てにバターを塗ってたべるのも好きです。
よく、ハード系のパン(バゲットは除く)は、翌日食べたほうが美味しいと
言われるのだけど、私は舌が未熟なのか?!パンはなんでも焼き立てのほうが好きです。
誰が何と言おうと、焼き立ての、ほっかほかが一番贅沢な気がしちゃいますヨ。


2986.jpg


ちょっと面倒な気がして、前日から中種を仕込んで・・・っていう方法を
なかなかやらずにいるのだけども、やっぱり中種にすると、ふわっとさが違うなぁと実感。。。
ふくらみが悪いライの場合は、やっぱり効果てきめんだし、シンプルなカンパなんかも
どっしりしがちなところが、軽くなる → 自分の好きな食感に近づく、というわけで。
ただ、ホシノで中種って、なんかあまり向いてない気がして、なかなかやる気がしないのです。
ホシノって普通にしたって、発酵時間が長いのに、中種にしたら、いったい何時間かかる?って気がして。
むむぅ~~。どうなんでしょう、今度やってみようかしら。


img004.jpg
関連記事
パンづくり <ハード系>  |  comments (0)  |  trackbacks (0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://biscottobread.blog99.fc2.com/tb.php/781-a8c188f3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |