【ビジュアルが渋いパンが焼けた。】

2012.08.08 (Wed)

自家製酵母のカンパのレシピで

ちょっと水分多めに、もちもちしたパンを焼いてみようかと思って

この暑い季節にも関わらず、水分80%近いパン作りに

果敢にも、チャレンジしました。


そうしたら、見た目は意外とカッコいいかんじの

渋いパンに焼きあがりました。


2853.jpg


少し前に買った、GrennGateの、柄が大層気に入っていて

こんな風にブログ用の写真枠なんかを作ってみたり。

実生活でも使えるものが、ネット上もこんな風に変身しますよ~。

これだったら、買い物したって損は無いってもんじゃないの?

とかって、自分に言い訳・・・いまだに・・・ははは


生地は、超ゆるゆるなので、バヌトンにガーゼを敷いて

そこに入れるような感じにしてます。

そうすると、バヌトンから出すときも比較的、楽です。


2854.jpg


こういう系のパンって、全体にしっかりと粉をまぶして焼くのだけど

なんとなく、今回思ったことは、私はこの粉が好きではないってこと。

だって、食べる時に、口の中でモフモフするんだもの…

大福とかの、白い粉が口のまわりについて、あぁ~~て思うようなのに似てるかも。

べたつく生地だから、粉ふりは必至なんだけども、

実は好きじゃないってことに気づく・・・あれまっ?!


+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +


ところでちょっと前に、エアコンクリーニングっていうのをしたんですが。

ホームセンターで、スプレーみたいな泡のでるのを買ってきて

エアコンのフィルターはずした部分(なんていうの?)に、シューッと吹きかけて

置いておくと、室外機から汚れがでていく、、、というアレです。

で、しっかりお掃除した気になって、これで空気もキレイだよっとウキウキしてたら

なんと。。。なんと。。。エアコンが壊れました。。。涙。。

最初は、リモコンが効かなくなり、焦っていたら、時々リモコンが動くように戻って

ほっとしたのもつかの間、今度は、勝手に消えたり、ついたりするようになり。



しばらくは、エアコンのご機嫌をうかがいながら

なんとか動かしていたのだけど、この猛暑である日完全に

エアコンが動かなくなったら、本気で困るなぁ。。。ということになり

先日、ついにエアコンを買いに行ってきました。


最近のエアコンは、昔の(ウチのは12年前のもの)と比べて

作りが全く変わっていてちょっと驚いたのですけど

それより驚いたのは、ものすごい分厚くなっていたこと。

今ついているものは、奥行20センチくらいなのだけど

最近のものは、どのメーカーもみんな、奥行30センチもある!

部屋に設置した時の、圧迫感はなかなかのものです。

今回は、リビングなので、そんなに目立たないかもしれないけど

実際、どんなふうになるのかは。。ちょっと心配でもあります。


クリーニングして、エアコンが壊れてしまったのは本末転倒だったのだけど、

通常、電化製品の寿命は10年だというし(最近買い換えた洗濯機には、7年て書いてあった!)

まぁ、買い換えても悪くない時期なので、いいきっかけが出来たと思う事にしました。

我が家は、ワンズがいるので、仕事で家を空ける時も、

エアコンをつけておく必要があるので

節電タイプを買うほうが良いかもっていうこともあるし。

工事の日は、涼しいといいなぁ~



s-img012.png
関連記事
パンづくり<自家製酵母>  |  comments (0)  |  trackbacks (0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://biscottobread.blog99.fc2.com/tb.php/752-2891224e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |