【黒糖と豆乳のベーグル】

2011.09.02 (Fri)

今日は、ベーグル!

黒糖、豆乳、ライの細挽粉も入ってます。

酵母は、基本が自家製酵母で、
ドライイーストをほんの少し足して、発酵の手助けをしてあげます。


1961.jpg


最近、なんだかベーグルをちょくちょく作っている気がしますー。

自分の中で、なにかモードが入ってしまっているみたい。

今日の酵母は、酒粕酵母。

白くて、とろ~っとした酵母種になってます。
これでよいのかは良くわからないのだけど
ちゃんと発酵するし、美味しいので、多分良いのだと・・・(汗)


1960.jpg


自家製酵母のパンは、本当に、味が美味しいです。

じわ~っと、しみじみとした、粉の味を感じられるのです。

バゲットとか、カンパとかのハード系にも良いと思いますが

しっかりと噛んで、味わえる、ベーグルのようなパンにも、とっても向いていると思います。

それに、失敗も少ないから、絶対美味しいパンになってくれます。


1963.jpg


今日も、つやつや&もっちもちのベーグルになりました。

固すぎるベーグルが、あまり好きではない家族のために

水分は気持ち多めにして作るのが、私流です~


1959.jpg


黒糖といっても、そんなにたくさん入れているわけでは無いので
味というよりは、風味を感じる程度でしょうか。

でも、ちゃんと生地の色は、黒糖が入っている感じに、薄い茶色です。


1962.jpg


クリームチーズを塗って、朝ごはんに♪




最近、バターが入手困難になっています。

いつも450グラムのバターを買っていたお店からは
商品自体がなくなってしまいました。涙・・・
入荷日も限られているそう。

小麦粉も値上がりするっていいますし。。。
(2年くらいまえにも、値上がりしましたよね、確か。)

ベーグルは、バター無しで作るパンだから
これからも、作る機会が増えるかもしれません。

パン焼きの皆さまは、どんな風に対応していますかー?



s-img035.png

関連記事
パンづくり <ベーグル>  |  comments (4)  |  trackbacks (0)

コメント

こんばんは!

綺麗な焼き具合で、ベーグル美味しそうです^^

うちのハッピーもお腹を上に、ひっくり返って
軽く、そしてたまには豪快に(笑)いびきを
かきながら寝ていますよ。
運動神経は、Cooを上回っていてさしずめ
チワワのなでしこジャパンかなという勢いです。

どこまでもマリーちゃんに似ていますね^^
うちは、群馬のケアままさんとこから、来たと
ウッジィさんに聞きました。
マリーちゃんは、いかがですか?
ポンパパ |  2011.09.04(日) 00:06 | URL |  【編集】

美ベーグル♪

売り物みたいに、美しいベーグルですね!
これは絶対おいしいに違いないです♪

かおりさんのベーグルは、一次発酵・二次発酵はどんな感じですか?
レシピによっては大抵どちらかだけがある感じですよね。
ベーグルのレシピを模索中なんです(*_*)
akubi |  2011.09.05(月) 21:33 | URL |  【編集】

ポンパパさま

マリーの出身については、実は詳しく何も聞いていないんですよね・・・
母犬にするところが、体が小さすぎて無理だった、ということしか聞いていないんです。
どうして聞かなかったのだろう?と
今となっては思ったりもするのですが…。
マリーも群馬から来たのかなぁ??

我が家も、運動神経はビスコを上回っていますよ!
昨日は、車に飛び乗ったのでびっくりしました。
門扉の隙間から脱走しようともするし・・・(汗)
かおり |  2011.09.05(月) 22:34 | URL |  【編集】

akubiさま

わ~い、ありがとうございます!

ご質問の答えですが、私のベーグル発酵は
ホシノも自家製酵母もイーストも
一次発酵は、通常のパンと同じようにしてます。
二次発酵は早めに切り上げ(7割くらい?)て
ゆで時間は、片面30秒づつです。
焼成は、大体200℃で15分位でしょうか。
割と、ぎりぎりまで発酵させるような感じにしていますよー。
かおり |  2011.09.05(月) 22:37 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://biscottobread.blog99.fc2.com/tb.php/560-31469109

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |