【オニオンベーグル×シナモンレーズンベーグル】

2011.08.11 (Thu)

本日のベーグルは、

・シナモンレーズン(左)
・オニオン(右)

の2種類です。


1866.jpg


どちらも、生地に練りこむ作り方。


シナモンレーズンは、レーズン酵母で、
オニオンは、酒粕酵母で仕込みました。


1867.jpg


普通のレーズンを切らしてしまっていたので
今回は、緑色のレーズン「サルタナレーズン」を使いました。


1868.jpg


膨らみが悪くならないように、欲張らずに、レーズンは20%配合。
色が薄いので、焼きあがっても、レーズンが入っている感じがしない・・・

でも、味はしっかり、シナモンレーズンでしたよ♪


s-img002.jpg


オニオンベーグルには、ドライオニオンを。
こちらも20%配合しました。

粉には、ライの細引き「アーレファイン」を10%配合しました。


1869.jpg


私の酒粕酵母は、酵母のキメが細かい。。。
レーズンに比べて、水分が多く、トロッとした感触です。
なぜ??酒粕酵母って、こういう物?


なんとなく、ホシノっぽい雰囲気です。


なので、生地に混ぜるときは、レーズン酵母に比べて
水分量を控えめにしないと、べとべとの生地になってしまうので
いつも、気を付けながら、水分を調整しています。


1872.jpg


酵母種の状態では、あまり差がないように見えるのだけど
実際に粉に混ぜ込むと、レーズンはぎゅぎゅっとしっかりした感じで
酒粕のほうは、とろとろっと粉になじんでいくような感じ・・・

不思議です。


しかしながら、毎度のごとく
自家製酵母種をつかうパンは
パン生地自身に、しっかりと風味と味が乗り移って
独特の味わい深いパンになります。

これが、自家製酵母の魅力ですね~~♪


img007.jpg
関連記事
パンづくり<自家製酵母>  |  comments (0)  |  trackbacks (0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://biscottobread.blog99.fc2.com/tb.php/542-ddfc614f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |