【 パン・オ・オランジュ 】

2011.06.03 (Fri)

昨日の「持ち寄りおうちカフェ」のために焼いた、ホシノのパン。


「パン・オ・オランジュ」


1670.jpg


今までにも何度も焼いた、お気に入りのパンです。


メゾンカイザーのパンを参考に、ホシノにアレンジしたレシピです。


手作りのオレンジピールをたっぷりと混ぜ込んだ、ブリオッシュ風の生地。
だけど、見た目はクラストがパリッとした、ハード系のパン、という
2種類の面を併せ持つ、可愛いパンなのです。


1669.jpg


今回も、焼成はガスオーブン。
190~200℃で、14分。


照りたま、というか、タマゴを水で3倍くらいに薄めたものを
はけで表面に塗りました。


1668.jpg


お土産の分と、我が家の朝食分にと、500グラムの粉で仕込み。
だけれど、キッチンエイドで一度に捏ねようとしたら、なかなかまとまらず…


一応、キッチンエイドは800グラムの粉までは、回せるはずなんですけどね。
タマゴやバターなどの、副材料が多いと、大変なんだろうか・・・?


途中で生地を半分の量に分けて、それぞれキッチンエイドで捏ねました。
最後に台の上で、生地をひとつにまとめて発酵へ。


常温で3時間くらい置いたあと、就寝時間に合わせて冷蔵庫へ。
翌日の午後、冷蔵庫から出して、4時間ほど室温へ戻して
そのまま、分割→成形→二次発酵→焼成へ進みます。


1671.jpg


少し、しっかりと目いっぱい発酵時間をとってあげる気持ちで
急がないほうが、このパンは美味しいみたいです。
二次発酵は80分くらい、かかりました。


発酵が足りないまま焼いてしまうと、クラムが詰まりすぎて
重いパンになってしまうのです。


今後の発展として、オレンジピールを、もう少しハチミツ風味にして
それをパンに混ぜ込んでみたいと思っています。
ハチミツの香りを、生かしたパンにしてみたいな~と。


今回の粉は、最強力粉の1CWと、メゾンカイザートラディッショナルのブレンド。
かなり、軽い目の口当たりに焼きあがりました。


次回は、トラディショナル100%にしようかな?


s-img029.png
関連記事
パンづくり <ハード系>  |  comments (0)  |  trackbacks (0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://biscottobread.blog99.fc2.com/tb.php/502-c2f50013

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |