【珈琲から始まる休日】

2011.04.28 (Thu)

週末は、丁寧に豆から引いて、珈琲を入れています。


1559.jpg


こちらは、珈琲道具。

我が家は、カフェプレスで入れています。


カフェプレスは、珈琲の油分や旨みを逃がさずに
全部、抽出できるのが良いそうですよ。

いつも珈琲豆を買っている、「カフェーパウリスタ」さんで教わってから
この方法で入れています。


1555.jpg


カフェプレスは、スターバックスのもの。
通常サイズだと、6杯分という大きさのものですが
た~っぷり珈琲を飲みたい我が家においては
これで二人分、豪快に入れてます。


s-img002.jpg


メジャースプーン、時々使うドリッパーなどの道具は銅製です。
ポットも銅製です。

母がずーっと長年愛用しているので、マネして購入しました。
合羽橋道具街で買いました。

口が、とっても細くて注ぎやすい上、蓋の足が深いので、
斜めにしても、蓋が落ちません。
それに、取っ手も木製なので、熱くなりにくく安全です。


この「アラジンと魔法のランプ風」なフォルムが可愛くないですか??

ガスの火で、ポコポコと温めます♪


1558.jpg


豆を挽くミルは、アナログに、手でガリガリと回すタイプ。

ミルは、なぜかとても小さい…
昔むか~し、まだ私が一人暮らしをしていたころに
妹にプレゼントされたものなのです。

一度も使われずに、飾りになってしまっていたけれど
結婚してようやく、陽の目を見ることに♪


1556.jpg


プレスはあらかじめ、お湯で温めておき
そこに、挽いた豆を入れて、ゆっくりとお湯を注ぎます。


3分ほど置いたら、ゆっくりとプレスをおろして
カップに注ぎます。


1557.jpg


お気に入りの珈琲は、銀座カフェーパウリスタさんの「森のコーヒー」

ブラジル「サント・アントニオ農園」のジョン・ネットさんが作っているこの珈琲は
農薬や化学肥料を一切使わないだけではなく、コーヒーの木を剪定もしないで
自然のままに、森の中で育てたコーヒー、だから「森のコーヒー」。

酸味が少なく、まろやかなコクがあり、とっても良い香り…
誰にでも愛されるような、お味です。


カフェパウリスタさんは、明治時代開業の、珈琲の老舗のお店。
よくいう「銀ブラ」の語源は、実は、
”銀座パウリスタに、ブラジルコーヒーを飲みに行くこと”
で、当時の慶応大学生たちが、作った新語だったそうですよ。
知ってました??


ジョン・レノン、オノ・ヨーコ夫妻が日本滞在中に
通ったお店としても、有名なんですよ。


1560.jpg


キャスキッドソンの、大きなマグにたっぷり入れた珈琲と
手作りパンの朝食で、休日が始まります♪


s-img003.jpg
関連記事
日々のいろいろ  |  comments (0)  |  trackbacks (0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://biscottobread.blog99.fc2.com/tb.php/482-d6ab4e59

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |