バゲット

2011.03.31 (Thu)

今日で3月もお仕まいですね。
明日からは、4月・・・新しい年度のはじまりです。


子どもがいないと、どうもそういった社会的な季節の変化に
疎くなりがちではあるのですが、春だけは別かも?と思います。


桜が咲いたり、風の匂いが変わってきたり、空気が暖かくなってくる様子から
自然と季節の変化が感じられます。


今年は、入学式が中止になる学校も多いようですが
でもきっと、学校が始まれば、そこにはたくさんの
新しいことや、新しいひとに出会う機会が待っているんですよね!
そういうの、いいなぁ~~と、ちょっと遠い目になってしまいます(笑)


若かりし日には、まあり気にしていなかった、そういったことが
最近ようやく、大事なことだったんだな、と気づいたりして。
気づきが遅いなぁ、自分、と、ちょっと戒めてみます。


s-img018.png



さてさて。

また、バゲットを焼いています。


粉は、メゾンカイザートラディッショナルと、ドルチェ(薄力粉)のブレンド。
ホシノ酵母、塩、モルトパウダー、1%のお砂糖と、加水は63%で。


1459.jpg


捏ねは、ボウルで、へらを使って混ぜるだけ。
一度混ぜて、30分くらい置いて、生地が滑らかになってきたところで、パンチ。
ボウルの裏に気泡が軽く出てきたあたりで、冷蔵庫に入れ、冷蔵発酵へ。


翌日、冷蔵庫から出して室温に戻し、
分割→成形とすすみます。


これ以上水分を増やしてしまうと
成型で、生地を張らせるのが難しくなってしまうので
最近はこのくらいの加水で落ち着いています。
トラディッショナルは、それでも、国産粉や中力粉に比べると
加水が良いので、扱い易いと思っています。


それになにより、香りと味が格段に良いのが、お気に入りポイントです。


1460.jpg


ここ最近は、パンづくりは全部、ガスオーブン(または常温)を使っています。
地震の前までは、ハード系は電気オーブン、発酵器も使っていましたが
今は電気関連はお休みさせて、ガスのみで、できるところまでやっています。


ハード系は、電気オーブンでスチーム焼成をするほうが
つやっとキレイに焼きあがるのです。


でも今は、ガスオーブンでのスチームの方法を、模索している最中です。


ガスオーブンでの発酵は、生地が乾きやすいので
お湯を張ったボウルを入れたり、霧を吹いたりすることも忘れずに・・・。


我が家のガスオーブンは、オーブン機能のみのハーマンの製品なので
庫内が広く、一度に沢山のパンが焼けるので、とても便利です。
一時発酵の時も、大き目のボウルも2個いっぺんに1段に乗せることも可能。
あとは、ハード系さえ、うまくいけば・・・♪


s-img010.png



最近のバゲットの食べ方は、
お惣菜をはさむサンドイッチではなく、
ジャムやペーストを塗った、お菓子バゲットとして食べるのが
最近のマイブームです。


Mackays」のものが、お気に入りです。
ジンジャージャムを挟んだミニバゲットは、妹にも大好評でした。
私は、こっくりとした、クリーミーな味わいの、レモンカードが気に入ってます。



img002.jpg
関連記事
パンづくり <ハード系>  |  comments (0)  |  trackbacks (0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://biscottobread.blog99.fc2.com/tb.php/441-39ce8bf3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |