和食器

2011.02.08 (Tue)

突然ですが、1点ものっぽい、和食器が大好きです。

以前に、陶芸を習っていたこともあって
手作り感に溢れている作品に、魅力を感じます。


毎年2回。春と秋に開催されている
地元・栃木の益子陶器市に足を運んで
面白そうなものがあると、ついつい買ってしまいます。


かれこれ、15年近く、足を運んでいる…のかしら?
きゃー・・・


1223.jpg


益子以外では、母が昔、買い集めたものをもらって来たり
和雑貨やさんをのぞいたりしています。
私の食器好きは、母譲りだと思います。


たいてい、同じものは1~2枚しか買わないので
我が家にはセットの食器というものが、ほとんどありません。
それで、お客様が来たときに、結構慌てたりしています(笑)。
やっぱり、揃いのお皿も必要かなぁ?と。


でも、1つひとつ、個性のある、和食器が気になります。
「これを割ってしまったら、もう、二度と手に入らない…!!」
と思うと、と~っても大切にしちゃいます(笑)。


ラップがかけにくかったり、割れやすかったりというデメリットもありますが
和食器は、なにげに、洋食でも和食でも、どんなお料理にも合う!というのが持論です。
特に、黒マットなお皿(上中央のように)に、野菜を乗せると、
本当に色がつやつやと鮮やかで、美し~く見えますよ。


最近の益子は、いわゆる益子の「民芸調」といった
柿釉・灰釉などの、茶・グレー・黒っぽい渋い色合いのもの以外の
雑貨調のテイストだったり、白い粉引も、緑の織部も、鮮やかな色彩の作品も
いろいろとバラエティ豊かな作品がそろっています。
どこのお店やテントをみても楽しめるので、本当におすすめです。


都内からだと、車でも電車でも「少し遠いかなぁ…」と思わなくもないですが
きっと、素敵な食器に出会えると思います。
人気のカフェなどもありますし、見て食べて、1日楽しめます。


次回は、ゴールデンウィークですよ~。
ぜひぜひ、足を運んでみてください。


関連記事
おうちとインテリア  |  comments (0)  |  trackbacks (0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://biscottobread.blog99.fc2.com/tb.php/409-109e36b7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |