ぐるぐる抹茶ロール

2011.01.29 (Sat)


突然、思い立って、冷凍庫に眠っていた抹茶シートで
ぐるぐるのパンを焼いてみた。
酵母は、ドライイースト(サフ)使用です。


1330.jpg


以前に、冷凍したシートを解凍して折り込んだ時
うまく折込が出来ずにボソボソになったことがあったのだけれど
今回は、そこまでぼそぼそにならず、なんとか折り込みできました。
ホッ・・・


1328.jpg


しかしながら、いつもは180グラムの粉量で焼いているパウンド型で
200グラムの粉量(しかも折り込み有)で作ってしまったら
かなり、窮屈になってしまいました。あぁ~
やっぱり、ちゃんと型のサイズに合わせて作らなくちゃ、いけないんです。

これだから、横着者はダメですね。


1331.jpg


こういうシートの場合は、クロワッサンと違って
折り込みの度に冷やさなくても、どんどん折り込みを進められるので良い。
でも、どんどん発酵が進んで、生地が戻りやすくなってくるので
手際よく、折り込んでいかなくちゃ!なので、ちょっと焦ります。


1329.jpg


形はぎゅうぎゅうに詰め込んでしまったので、イマイチな出来でしたが
ケーキみたいな、可愛い&美味しいパンになりました。


いつも思うけれど、抹茶シートといっても
全く抹茶の味を感じません(笑)。
でも、美味しかったので、良しとします!


このパンも、しっとり度合が、かなり持続します。
最近の傾向として…バターよりもショートニングのほうが
しっとり度の持続が、長い気がするのですが…気のせい??
ドライイーストと、ショートニングって、相性が良いのかしら。


ショートニングは、常温保存できて、いつでも固さが同じなので
バターのように室温に戻す必要もないし(時間が微妙~に掛かる)、
または、急いで戻そうと思って、電子レンジにかけて
溶かしすぎちゃった…ということもないので
扱いやすくて、便利だなぁ~と思います。

関連記事
パンづくり <ソフト系など>  |  comments (0)  |  trackbacks (0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://biscottobread.blog99.fc2.com/tb.php/401-a7c1ee2e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |