グラハムフランス・フィグのパン

2010.10.22 (Fri)

今回のレーズン酵母のレッスンで作ったパンは

グラハムフランス、そして、フィグがぎっしり詰まったパンの2種類。

グラハムフランスのほうは、バケットの成形と
シャンピニオンやエピなどの、小型の成形。
ホシノの時にも何度もやっているので、ちょっと安心です。


1016.jpg


でも、やはり水分量がとっても多く、本当にとろとろの生地なので
分割するのも一苦労です。いちいちべたつきます。
それを、うまく、表面の薄皮1枚を操って(?)
先生はつるつると、生地をまとめていきます。
あの、手離れの良さは、やっぱり、何度も扱って慣れるしかないのかな~と思いますね。


1017.jpg


小さな成形でも、大小の気泡がぽこぽこと。
限界ほわほわ発酵をしています。


1020.jpg


高温で長めの時間、しっかりと焼きこむので
粉は真っ白になるほど、たっぷりと振っています。

やっぱり、バゲットのクープはエッジが立つような
あの、ぴりり・・・とした感じではない。
教室のやり方は、そういうのは目指してないみたいですネ。
あのクープも、できるようになりたいとは思うんですが・・・
自己鍛錬あるのみ?!


1019.jpg


こちらの、フィグのパンは、ものすごい量のイチジクが練りこまれています。
砂糖は一切入っていないにも関わらず、甘~くって、しっとり・・・
すごく、美味しいパンです~~大好き!
焼き立てを、発酵バターを付けて頂いたら、まるでケーキのような味わいです。

以前に、ホシノの特別レッスンで作ったパンと似てるかな?
それの、レーズン酵母バージョンといった感じでしょうか。


1018.jpg


さてさて、実は今度の土曜日も、ホシノの特別レッスンに参加する予定。
そのメニューのひとつにも、フィグを使ったパンがあります。
そちらはなんと、ドライではなく、生のフィグを使うレシピなんです。
なかなか、見ないですよね~?
今から、どんなパンなのかが、とっても楽しみです。
わくわく。


関連記事
パンづくり<自家製酵母>  |  comments (0)  |  trackbacks (0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://biscottobread.blog99.fc2.com/tb.php/327-ffeafa26

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |