アンティーク洋書風小物入れ

2010.10.06 (Wed)

秋らしい気候になって、毎日穏やかな気分です。
秋、大好き。

自分の生まれた季節なので、特に好きなのかもしれません。
カラっとして、ちょっと暖かい空気感も良し。

浮き立つような春より、少し心穏やかなこの季節が一番好きです。

さてこちら、アンティークの洋書のようですが…

0933.jpg


実は、小物入れです。
マグネット式に、開閉ができますよ。

大好きなお花の絵柄なのが、気にいりました。
お値段も、お手頃でした♪


0934.jpg


リビングの棚に飾りました。
雰囲気に、合っているかな?


0932.jpg


この中に、秘密のものを入れて置いておけば良いのかな?


ネットを検索すると、実際の本をくりぬいて、小物入れを作る方法もありますね。
それもちょっと、興味深々です。


子供のころから、古本屋さんが大好きでした。

あの、静かで、ひんやりしてて、ちょっと埃っぽくて
店主の手書きで、本の後ろのページに鉛筆で書かれた値段とか
日焼けして、薄茶色に変色した紙の、ぱさぱさした風合いとか
昔の本の、フォントがなんとなく懐かしい感じだったりとかいう
独特の雰囲気が、好きなのでした。


子供のころ、熱を出して学校を休んだ日は
かかりつけの小児科に行ったあと、その近所の古本屋さんに
いつも母が連れて行ってくれました。
そこで、本を買ってもらい、家に帰ってベッドの中で読むのです。
それが、とっても楽しみでした。


高校生になってからも、学校帰りに自転車で立ち寄って
おこづかいの中から、100円で文庫本を買ったりしていました。


最近、身近に昔ながらの古本屋さんがないのが、残念です。
ブックオフとかじゃ、ダメなんです。
あの、静かな感じでなくちゃ・・・


学生のころ、中央線沿いに住んでいた時は
どこの町にも、古本屋さんや、古道具やさんがあった気がします。
古くから、学生がたくさん住んでいた町には
いまでも、そういうお店が残っているのでしょうね。


古着、古本、古道具…
いわゆる「中古品」に対しては
人それぞれの感覚があって、本はいいけど服は苦手、とか
服はいいけど、家具は新品が良いとか、いろいろありますよね。


私は、中古品が、好きです。
本も服も家具も道具も、味があるなぁと思います。
フリーマーケットやリサイクルショップ、アンティークショップも
今、ふつうのお店には並んでいないような「これ、ナニ?」
という変なものとか、面白いものがあったりして
まさに、宝探しの楽しさがあって、目がランランとしちゃいます。


夏は暑くて出られなかったけれど
秋はお出かけにも良い季節。

またフリーマーケットに出かけてみようかな~と思う
今日、この頃です。



関連記事
おうちとインテリア  |  comments (0)  |  trackbacks (0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://biscottobread.blog99.fc2.com/tb.php/308-e4142a78

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |