すごいです★パカットベイカー!

2016.08.23 (Tue)

パン友達であり、おうちパン教室「いろはカフェ」を主宰しているいくよさんからのご縁で、モレックさんの「パカットベイカー」という焼き型のモニターをさせていただけることに♪


5911.jpg


パカットベイカーは、アルミの型に特殊なシリコンコーティングがされているパンやお菓子の焼き型なのですが、とにかく「ぱかっと」というだけあって、その剥離性がすごいらしいのです。するっと取れるんだそう。

カタログを拝見すると、それはそれはサイズや種類が豊富で、使ってみたい!使いやすそう!と思うサイズがいろいろあって、迷うばかり・・・ということで、今回、たくさんの種類の中から、3つサイズで、実際にパン焼きしてみました。

5914.jpg


今回使ったのは、スリムロング系、ミニパウンド系、タルト系の3種類。

タルト型のちぎりパンは、粉量200g、それ以外の2つは、それぞれ100g。普段レッスンで使うレシピの分量で出来るのが、とっても魅力的です。


5912.jpg


特に、このタルト型は、ちょうど9分割の線がひいてあるんです。なので、それに合わせて、生地も9分割に。ちぎるときのラインになって良いかもって思います。

生地を置く目安にもなるので、使いやすさもUP間違いなし。


5913.jpg



二次発酵後は、この通り・・・!予定通りのふっくら&ピッタリサイズ。

ちなみに、カタログにはサイズしか書いていないので、容積は自分で水をいれて割り出しました。そうすると、どれだけの生地量を使えばよいか、わかります。カタログサイズから、たぶん、粉200gでいけるだろうなぁとは思っていたのだけど、こうピッタリだけど、意味なく嬉しさ倍増(笑)


5915.jpg


左から

・ちぎりパン(プレーン)
・メープル&くるみツイスト
・大納言バタートップ

焼き色も綺麗につきました。ちなみに、型の中の部分も、綺麗に焼き色がついています。シリコンの型は、焼き色が付きにくいけれど、このパカットベイカーは、ベースがアルミなので、色づきは非常に良いです。

そして、この型の最大の魅力である、パカッと具合はというと・・・


5916.jpg


このとおり、見事にパカッと!!剥がれました。

もちろん、オイルスプレーは一切使っていません。良く見ると、パンの蒸気の水滴がついているだけ!すごいです~~~嬉しい♪

そして、軽く洗って乾かせば、また使えちゃうんですよ。とっても経済的です。


おうちでパンを作る人にとって嬉しい

・こびり付かない
・焼き色がきれいに付く
・型の値段が安い
・スタックして保管できる
・種類が豊富
・お手入れが楽ちん

といった、要素をすべて兼ね備えている型だと感じました。

もちろん、私のようなおうちパン教室を主宰している方にも、使いやすい素材かと。
たくさん揃えても、場所も値段もかからないし、生徒さんにそのまま差し上げることも出来るから、わざわざ型を購入していただく必要もないですし。紙の1回使い切りの型を使うより、きっと喜ばれると思います。

いろんな種類のサイズや形があるので、うれしいくらいに迷います(笑)

私も自分のサロンのレッスンに取り入れるべく、試作中です~♪

(株)モレックさん、このたびは本当にありがとうございました!
これからも、活用させていただきます。





* ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~* ~ *

パン教室「Salon de Biscotto」
参加ご希望の方・キャンセル待ち
今後のお教室のご案内をご希望の方は
こちらのフォームからご連絡くださいませ

登録

* ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~* ~ *


▼ ランキング参加中です

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ


▼サロン年間メニュー♪
年間メニュー


料理教室検索クスパ


picsalo.jpg
関連記事
パンづくり <ソフト系など>  |  comments (0)  |  trackbacks (0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://biscottobread.blog99.fc2.com/tb.php/1697-ad7a6f44

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |