パセリとチーズのベーグルと、方言のこと

2016.01.11 (Mon)

5545.jpg


今日は、ベーグル!!

イースト×春よ恋 むっちりピカピカ系★

粉にドライパセリをいれました。
(といっても、味はそんなにしない・・・)

成型のときに、ダイスチーズを巻き込みます


5544.jpg


最近、ケトリングのお湯に砂糖やはちみつを入れなくても
つやの出方が変わらないです

砂糖は、つやというより、焼き色に有効ということ?

つやっつやにするには、成型のむっちりさ加減と
二次発酵の長さが大事なのかな?と思います

あとは、茹でたら間髪入れずにすぐオーブンへ入れること!
これも大切かな~?


5546.jpg


二次発酵が足りなすぎたり
お湯がグラグラすぎると、綴じ目が剥がれたりしますが
今回は、お行儀良く仕上がり、みんな大成功です。


ところで、最近「これって栃木弁だったんだ!」という気づきがありました。

「○○しはぐる」という表現。

「○○し損ねる」という意味なんですけど
東京出身の夫は、意味が分からなかったらしい!

へぇ~~~~!!
でもね、「しはぐる」って、4文字で済むんですよ。
短くて、便利でしょう??

さらに、「手わすら」というのもあります
これは、なんというか…意味なく手で何かを
くちくちいじくっているような様子です。

紙を無意識にぐちゃぐちゃいじっていたりとか
そんなとき「ほら、手わすらしないの!」みたいに使います。
これは、逆に標準語では、なにに当たるのか、わからない。
「手あそび」ではないし・・・ピッタリくる表現がないんです。

あとは、「かっぱく」とか。
爪でかさぶたを掻きはがすようなイメージですが
やはり「ひっかく」でもないし、「むしる」でもない・・・
標準語でしっくりくる言葉がないんです。

意外に便利な栃木弁・・・!
今更ながら、楽しくなります。

サロンにお越しになるみなさんは
東京近郊にお住まいの方がほとんどですけど
ルーツはそれぞれお持ちなわけで
ご自身の出身や、ご両親、ご主人のご出身によって
いろいろな言葉、お料理、習慣など、バラエティー豊かです。

そんな、地域ならではのお話しをお伺いするのも
実は、私のサロンタイムの楽しみの一つでもあります♬

1月は、ぜひ、お正月のお料理や風習のお話しを
お伺いしたいなーとおもっています。


* ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~* ~ * ~ * ~ * ~ *

パン教室「Salon de Biscotto」
参加ご希望の方・キャンセル待ち
今後のお教室のご案内をご希望の方は
こちらのフォームからご連絡くださいませ

登録

* ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~ * ~* ~ * ~ * ~ * ~ *


▼ 時々インスタしてます♬

インスタグラム



にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
関連記事
パンづくり <ベーグル>  |  comments (0)  |  trackbacks (0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://biscottobread.blog99.fc2.com/tb.php/1557-4441839f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |