ホシノのベーグル焼き比べ★素朴&つやぴか

2014.07.31 (Thu)

ホシノのベーグル、焼き比べ結果です♪



左が、ゆめちからブレンド&ライ麦配合で、低温長時間発酵

右が、ゆめちからブレンド100%で、常温短時間発酵

4609.jpg


生地量は同じなのですが、まず、大きさが違う。
それから、むぎゅむぎゅ感、ツヤも違います。


4610.jpg


低温長時間発酵のほうは、素朴なツヤ
短時間発酵のほうは、ピカピカのツヤになります。

でも、ホシノなので、焼き色は薄めです。
イーストで作るほうが、もっと色濃く、つやつやになりますねー。


4611.jpg


どちらも、底割れはナシ。


4612.jpg


一次発酵をしっかりとっているほうが、高さもしっかり出てくるみたい。


4613.jpg


断面をみると、違いが一目瞭然。

あたりまえだけど、低温長時間発酵のほうは、生地がふわっと膨らんでます。
でも、食感は、適度にむぎゅっとしてて、むっちりとした引きがあります。

短時間発酵のほうは、膨らむ間もなく茹で&焼きに進むので
目がみっちり詰まった生地になってます、これまた、むぎゅむぎゅ食感なんです。


4614.jpg


味の違いは・・・まったく別物のようになりました。

長時間発酵は、ライ麦が入っていることもあり、香り、味、風味がとってもよくて
プレーンのままで食べても、粉のおいしさをしっかり感じられるベーグルになってます。
ほのかに、ホシノらしい甘みがあって、いつまでも、ムチムチと味わっていたくなります。
我が家では、味のほうは、こちらのほうが、俄然人気でした。

短時間発酵は、あっさりとした味です。
ホシノ酵母をつかっているけれども、イーストで作るときと、さほど変わりないような。
熟成させる間もなく焼いてしまうので、ホシノらしさが出ない、という感じ。
これなら、イーストで短時間でつくるほうが、良いかな?と思っちゃう。


ホシノでも、つやぴかベーグルをつくることは可能だけど
ホシノらしさが出ないなら、イーストで作ってもいいよねっていう結果でした。

そのかわり、見た目のツヤピカ度は劣るけれども
味という意味では、ホシノで低温長時間発酵させるベーグルの
生地の味の美味しさは、やっぱり格別です!!
食感は、パンっぽくなるけれども、挽きもあって、甘味もあって
「ベーグルは固くて苦手」という人にも、美味しく食べていただけるかな?

NYタイプの、固いベーグルが好きなひとは
イーストの短時間発酵でつくるベーグルがおススメなのかなー?

うん、まぁどちらも、べつものってかんじで、それぞれの美味しさがありますね★
私は、どちらのベーグルも大好き!


以上、ホシノのベーグル焼き比べレポートでした!



にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
関連記事
パンづくり <ベーグル>  |  comments (0)  |  trackbacks (0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://biscottobread.blog99.fc2.com/tb.php/1185-f23c75ea

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |